Maggio 2012.5

◆グリンピースの冷たいスープ
◆鶏肉のオリーブ煮
◆ブルーベリーマフィン

 

5月は少し暑くなってきたので、前菜変わりに「グリンピースの冷たいスープ」を作りました。
シンプルに、ほとんど生クリームを入れずに仕上げたスープですが、思いのほか濃厚に仕上がっております。

そのあとは、珍しくパスタがなく「鶏肉のオリーブ煮」のメインにピラフを添えて一皿にまとめてみました。
オリーブをたっぷり入れたソースは、後日パスタのソースやご飯と一緒に炒めても美味しく食べられます。

デザートは「ブルーベリーマフィン」。
ちょっぴり塩気が効いたマフィンは、手土産にも喜ばれそうです。

Aprile 2012.4

◆ホタルイカのバルサミコマリネ
◆筍と空豆 カラスミのパスタ
◆レアチーズケーキ

 

4月の教室は、前菜に「ホタルイカのバルサミコマリネ」を作りました。
バルサミコとトマトを使ってマリネをすると、すっかりイタリアンに早変わりです。
そのまま食べてもよし、冷たいパスタを合わせてもよし、ブルケッタにしてもよしと、いろいろと活用の幅が広がるメニューです。
ホタルイカがあるうちに、是非作ってみてください。

そして「春野菜とカラスミのパスタ」。
筍と空豆を使って仕上げてみました。
ペペロンチーノの作り方をあらためて実習してもらえたのではないしょうか。

デザートは「レアチーズケーキ」。
最近のブームとして四角に作りたくて、急遽合羽橋まで型を探しに行ってしまいました。
久しぶりに行ったのですが、やっぱり楽しいところですね。
それと、クリームチーズが50gも少なくなっていたのにビックリ。
知らないうちに、値上げが行われているのですね。
というわけで、真っ白に仕上げたレアチーズが完成しました。

Marzo 2012.3

◆いわしのカルパッチョ トマトとオリーブのソース
◆蛤とグリンピースのクリームパスタ
◆マスカルポーネのプリン

 

少しずつ春の食材も出始めた3月の教室は「いわしのカルパッチョ」からスタートしました。
久しぶりに築地に仕入れに行きましたが、やっぱり楽しいですね。
もっとゆっくり見らればいいのですが、教室当日に仕入れに行くのでバタバタなのです。
そのいわしは、酢〆にしてトマトとオリーブのソースで頂きます。

そして、3月と言えば「蛤」。
こちらは三重県桑名からお取り寄せ。
「蛤とグリンピースのクリームパスタ」に仕上げました。
蛤のダシが効いていて、女性好みの1皿です。

デザートは悩み抜いた末「マスカルポーネのプリン」に決定。
今回は器にこだわり、そのまま手土産になるプリン用の瓶に入れて作り、使った瓶はお持ち帰り頂きました。
追加で注文をされた方、商品が届いておりますので4月の教室でお渡し致しますね。

Febraio 2012.2

◆ほうれん草のニョッキ トマトソース
◆鯖のマスタードパン粉焼き
◆チョコレートタルト

 

寒い日が続く中、みなさん風邪も引かずに出席してくださって感謝。

というわけで、2月の教室は「ほうれん草のニョッキ」からスタートしました。
ニョッキといえば女性は好きですよね。
パスタに比べると手間がかかりますが、冷凍もできますので是非作ってみてください。

そして、メインには「鯖のマスタードパン粉焼き」。
粒マスタードを挟んで、焼くだけの簡単レシピです。

デザートはやはり2月ということで「チョコレートのタルト」を作りました。
なるべく簡単なレシピにしたいところですが、こういうのはどうしても作業が多くなってしまいます。
何人の生徒さんが作ってくれるかな・・・。
3月の教室でのご報告、楽しみにしております。

Gennaio 2012.1

◆鱈のヴィチェンツァ風
◆タコとセロリのアラビアータ
◆金柑ソースのパンナコッタ

 

今年初のレッスンは、ホッと温まるメニューからのスタートでした。

「鱈のヴィチェンツァ風」は、イタリア料理を習い始めた頃、牛乳で煮るだけでこんなに美味しくなるのか!!と驚いた1品です。
いつか教室でも、とこの度ようやく日の目をみたわけです。
本場イタリアでは、バッカラという塩鱈で作るのですが、今回は生鱈で代用。
チーズをたっぷりかけてグラタン風に仕上げてみました。

ほっこりしたお料理の後には、辛みの効いた「タコとセロリのアラビアータ」。
フライパンひとつで出来る、簡単レシピです。

デザートはこの時期になると使いたくなる「金柑ソースのパンナコッタ」。
白と黄色のコントラストがかわいいのです。

今年も無事に教室がスタートできたことに感謝。
また1年どうぞよろしくお願い致します。