Dicembre 2012.12

◆帆立と海老のテリーヌ
◆牛肉とじゃがいものオーブン焼き
◆ベリーとマスカルポーネのパフェ

 

12月は毎年のことながら、クリスマスをイメージしたメニュー構成です。
まず前菜には、お正月にも活躍しそうな「帆立と海老のテリーヌ」。
組み立てが大変ですが、お持たせにも活躍しそうです。
紅白でおめでたいので、お正月にもいいですよね。
もちろん、イタリアンおせちにも登場の予定です。

そしてメインには「牛肉とじゃがいものオーブン焼き」。
イタリアで習ったものは豚肉でしたが、ちょっとアレンジを加えてみました。
寒いこの時期には、ほっとする美味しさで温まります。

デザートは「ベリーとマスカルポーネのパフェ」。
ベリーってこの時期になると使いたくなるのですよね。
なんといっても見た目がかわいい!!
大皿で作ってどーんと出せば、クリスマスケーキの代わりにもなります。

Novembre 2012.11

◆海老のガーリックオイル焼き
◆フォアグラといちじくのソテー
◆洋梨のタタン風ケーキ

 

ぎりぎりまでメニューに悩んだ11月。
今月は趣向を変えて、前菜とメイン、ドルチェというメニュー構成です。

まず前菜には、バスクで食べた海老料理の再現「海老のガーリック焼き」。
海老の焼けた香りは、本当に食欲をそそりますね。

そしてメインには、リクエストの多かった「フォアグラのポワレ」。
イチジクと合わせて、赤ワインのソースを添えます。

デザートは「洋梨のタタン風ケーキ」。
キャラメルのほろ苦さと、しっとりとしたスポンジを生クリームと共に頂きます。
1日くらい置いたほうが、味がしみて私は好きです。

Ottombre 2012.10

◆ゴルゴンゾーラのリゾット
◆鶏ときのこのインボルティーニ
◆コーヒー風味のパンナコッタ 栗のソース

 

少しは涼しくなるかと思いきや、まだまだ冷房が必要だった10月の教室。
まずスタートには「ゴルゴンゾーラのリゾット」を作りました。
でもすっかり、写真を撮るのを忘れてしまい・・・。

メインは「鶏肉ときのこのインボルティーニ」。
ポルチーニをたっぷり入れてマルサラソースをかければ、かなり本格的な味になります。

デザートは「コーヒー風味のパンナコッタ 栗のソース」。
栗のソースをたっぷり注いだところに、自家製渋皮煮をのせると、秋色デザートの完成です。
栗がある時に、是非作って頂きたいですね。

Settembre 2012.9

◆カツオとお米のサラダ
◆海老のアメリケーヌソース スパゲティ
◆いちじくのクレームダンジェ

 

8月の教室はお休みのため、久しぶりの開催となった9月。
前菜には「カツオとお米のサラダ」を作りました。
お米のサラダって、私もあまり馴染みがなかったのですが、すっかり気に入ってしまいました。
カツオをのせて盛りつければ、ちょっとしたよそいきの一皿にもなります。

そしてパスタは「海老のアメリケーヌ スパゲティ」。
海老の頭と殻を使って、濃厚なダシをとり、クリームと合わせたコクのある味です。
最後の濾す作業に生徒さんは作るのを躊躇していましたが、一度作ってしまえば保存もできますので、頑張ってみてくださいね。

デザートは「いちじくのクレームダンジェ」。
今年はなんだかいちじくが多く出回っている気がしますが、見るとすぐに使いたくなってしまうのですよね。

Lulio 2012.7

◆うにととうもろこしの冷たいパスタ
◆いわしのソテー なすのトマトソース
◆桃とヨーグルトのプリン

 

7月は、なんとなく毎年定番になりつつある冷たいパスタからのスタートでした。
前日まで悩みに悩んだ末「うにとうもろこしの冷たいパスタ」に決定。
意外な組み合わせに思われますが、これがよく合うのです。
美味しいうにが手に入ったら、ぜひ作ってみてください。

そしてメインは「いわしのソテー なすとトマトのソース」。
今年はいわしが安くて美味しい気がします。
カリッと焼いたいわしに合わせるのは、クミンをきかせたなすのトマトソースです。
生のトマトをたっぷりと使った、ちょっぴりスパイシーなソースが食欲をそそります。

〆のデザートは「桃とヨーグルトのプリン」。
パスタの量を少なめにしたので、デザートはたっぷりの量でしたが、みなさんぺロりを平らげてくれて、うれしい限りです。